逆子への対処と鍼灸治療の効果

外回転術や逆子体操に並び有名な「逆子のお灸」。

「逆子のお灸」は矯正率が80%以上との報告もあり、早い段階で鍼灸を受けられるほど矯正率は上がります。

そのため、早めに試されることをおすすめします。

今回はそんな逆子について綴らせていただきました。

そもそも逆子とは

通常、胎児は頭を下にして丸くなっています。

対して、逆子は「骨盤位」と呼ばれ胎児の頭が上に、おしりや足が下になっている状態です。

逆子の種類

胎児の姿勢により呼び名(種類)が変わり、単臀位、足位、膝位、横位が代表的です。

単臀位

お尻を下に向け、両足が上に伸びている状態で逆子のなかでも多い姿勢です。

産院の方針によっては経膣分娩が可能な場合があります。

足位

足を下に伸ばした状態で、両足を伸ばした「全足位」、片足を伸ばした「不全足位」と呼び名が変わります。

分娩時は頭が最後になり胎児に危険がおよぶため、帝王切開での出産になります。

膝位

曲げた膝が下を向いている状態で、両膝をついた「全膝位」、片膝ついた「不全膝位」と呼び名が変わります。

こちらも足位と同様で帝王切開での出産になります。

横位

胎児の身体が横を向いている状態で、全体の約1%以下と稀な体位です。

肩や手が下を向くため、頭が産道を通る事が難しく、帝王切開での出産になります。

逆子が判明する時期

27週〜34週頃の間に「逆子」と伝えられることが多いようです。

27週までは子宮内が広いので、胎児は動き回ることができます。
そのため、妊娠中期(27週未満)での逆子の割合は全妊娠の20%~30%と言われておりますが、多くは妊娠後期に胎児の成長に合わせ、最も重い頭を下に向けた「頭位」に落ち着きます。

また、妊娠中いつの時点においても自然に頭位になる可能性があり、36週時点でも分娩時までに6~7%は頭位になり、37週以降での逆子の割合は、全分娩の約3%になります。

逆子の原因

子宮や骨盤の形態、多胎妊娠など原因はさまざまです。

代表的な原因として以下5つがあります。

子宮の形態によるもの

子宮筋腫や生まれつき子宮が狭くなっている場合、胎児の動きに制限がかかってしまうため、逆子になりやすいと考えられています。

胎盤によるもの

胎盤の端が胎児の出口(内子宮口)近くにある状態「低置胎盤」、出口を覆ってしまう「前置胎盤」は、逆子になりやすいと考えられています。

洋水によるもの

羊水過小は胎児が動きづらい状態に、洋水過多は自由に動けるがために逆子になりやすいと考えられています。

多胎妊娠

双子や三つ子など、胎児の動けるスペースが狭くなることで、逆子になりやすいと考えられています。

胎児によるもの

子宮内胎児発育遅延や水頭症などは逆子になる可能性があると考えられています。

逆子への対処法

「外回転術」、「逆子体操」、「逆子のお灸」があります。

しかし「逆子体操」と「逆子のお灸」は科学的根拠(エビデンス)が薄いとの理由から推奨していない産院もあるため、主治医の先生とお話のうえで試されることをおすすめします。

外回転術

超音波で胎児の向きを確認し、妊婦さんのお腹の上から胎児の頭とお尻をしっかりと持ち、回転させて「頭位」に矯正する手技です。

一般的に36週や37週目で逆子の際に行われます。

逆子体操

胎児が「頭位」になるよう手伝う体操です。

「ブリッジ体操」

仰向けにな、腰の下にクッションを入れ、膝を曲げてブリッジするように骨盤を持ち上げた姿勢を10分程キープする運動です。

「胸膝体操」

四つ這いになり、お尻を高く持ち上げた姿勢を10分程キープする運動です。

逆子のお灸

逆子に有効とされるツボにお灸を施します。

代表的なツボが「至陰」と「三陰交」です。

足の小指の爪外側に位置する「至陰」

内踝(くるぶし)から指4本分上に位置する「三陰交」

ツボとは長年積み重ねた経験により、刺激を与える事で何らかの効果が現れるポイントの事を言います。

そのため現在不快に感じている部位から離れた場所に刺激をしても特定の部位に血流が増えるなどの変化が起こります。

鍼灸の効果

妊娠中の鍼灸は逆子だけでなく、悪阻、切迫早産、陣痛促進、分娩時の和痛、乳汁分泌不全などにも用いられています。

逆子のツボ(至陰)へのお灸は体動が増え、矯正率は89.9%と報告されています。

なぜ、逆子のツボへのお灸が骨盤位を頭位へと矯正を促すのか、その機序は明らかではありません。

しかし、血管抵抗指数に変化が見られるため、子宮筋の緊張が和らぐため、お腹の中で胎児が動きやすい状態になるのではないかと考えられます。

また、「棒灸」という間接的に身体を温めるお灸による逆子の改善率を調べた調査では、

  • お灸をしたグループでは改善率75.4%
  • 何もしなかったグループでは改善率47.7%

と「改善率に差がある」との報告もあり、「棒灸」のように間接的に温められて自宅でお灸のできる「千年灸」もおすすめです。

千年灸のセルフケア

最近は無香料やアロマの香りがするタイプのお灸もAmazonやドラックストアで販売されておりますので、お好みのお灸を探してみてください。

逆子のツボ(左右の至陰と三陰交)へ1日2回、各ツボ3壮ずつ、まずは1週間お試しください。

逆子と判明したら

いきなり鍼灸を受けることに抵抗がある場合は「千年灸」など市販のお灸でのセルフケアに取り組まれてみてはいかがでしょうか。

そして胎動が増えたり、脚が温まったり、何か効果を感じた際には鍼灸院で施術をご検討ください。

「逆子のお灸」は34週目までの改善率が高く、経過とともに戻る確率も低下していく傾向があるため、お早めに試される事をおすすめします

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り肩関節周囲炎(五十肩)腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群(IBS)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症(ASO)
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい眼瞼痙攣
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症(BPH)膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 慢性疲労症候群(CFS)脱毛症不眠症むずむず脚症候群(RLS)不安神経症関節リウマチ(RA)アトピー性皮膚炎(AD)鬱病(大うつ病)不定愁訴
指定難病 パーキンソン病(PD)全身性強皮症(SSc)

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら