不妊治療としての鍼灸の効果

昨今「不妊治療の専門」などの鍼灸院もあり、病院での治療と併用されえている方も増えております。

実際に、鍼灸は不妊治療へ様々な効果を期待することができます。

しかし一方で、「体外受精(IVF)による不妊治療を行う前後に鍼治療を受けても生児出生率を高める効果は期待できないことが新たな研究で示された。」と言う研究結果があるように、すべての方に100%有効と言うわけにはいかない現状もございます。

そこで今回は、

  • そもそも、不妊とは?
  • 不妊の原因

といったことに加えて、

  • 鍼灸治療で期待できること
  • 鍼灸が向かない状況

に関して、お話させていただきます。

そもそも不妊とは

WHO(世界保健機関)の定義では「妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間(1年)妊娠しないもの」とされております。

日本では、

  • 6か月以内に65%
  • 1年で80%
  • 2年で90%
  • 3年で93%

が妊娠にいたると考えられております。

不妊症の原因

妊娠適齢期において、

  • 男性側に問題があるケースが約24%
  • 女性側に問題があるケースが41%
  • 両性に問題があるケースが24%
  • 原因不明な場合が11%

があるとされております。

不妊症の原因に関しては、以下のようなものがあげられます。

男性不妊の主な原因

造精機能障害

精子の数が少ない、または無い、あるは精子の運動性の状態が悪いなどの問題です。

男性不妊の原因として最も多いため、病院では基本的に精液分析を最初に行います。

精路通過障害

作られた精子がペニス先端まで通るための道が途中で詰まっていたり、射精はできても精子は排出できていない状態です。

性機能障害

前立腺炎症など副性器の障害によって精子が影響を受ける場合や、射精(性交)ができないなどの問題です。

その他

加齢に伴う生殖能力の低下(30歳代後半から男性の生殖能力は徐々に低下していきます)など。

女性不妊の主な原因

内分泌・排卵系の問題

無月経や排卵障害を伴う場合が多く、甲状腺など女性ホルモンを出す仕組みに影響を与える病気や、ホルモンバランス異常(多嚢胞性卵巣症候群)などがあります。

その他、環境の変化等に伴う大きな精神的ストレス、あるいは短期間な大幅ダイエットなども月経不順をきたし、不妊症の原因となります。

卵管系の問題

卵管とは精子が卵子と出会い、受精した卵子が再び子宮に戻るための道です。

卵管留水腫や卵管間質部の閉塞などにより卵管が詰まってしまう場合があります。

子宮の問題

女性不妊症の原因で最も多いのが子宮で、子宮筋腫、子宮内膜症なども問題も含まれます。

子宮筋腫は着床を妨げるだけでなく、精子が卵子へ到達するのを妨げて妊娠しにくくなることもあります。

その他

原因不明:原因不明は不妊症の1/3をしめるといわれています。

鍼灸治療で何が期待できるのか?

鍼灸治療を行うことにより下記のような改善を期待する事が出来ます。

しかし一方で、「体外受精(IVF)による不妊治療を行う前後に鍼治療を受けても生児出生率を高める効果は期待できないことが新たな研究で示された。」と言う研究結果があるように、すべての方に100%有効と言うわけにはいかない現状もございます。

血行の改善

女性では骨盤内の血行を促進する事で子宮内膜の発育を促し、受精卵を着床しやすい環境を整えます。

受精卵は子宮の中でも血流量の多い部分に着床するため、骨盤内の環境を整えてあげることはとても重要です。

男性の場合にはEDの回復や精子の量・運動率改善に効果を発揮します。

股関節やお腹周りの調子を整えてあげることで、精子の量や運動率の改善に繋がります。

また、仙骨に鍼を施した後に電気をかけるなどの結果、精子運動能の向上が見られたなどの結果も出ております。

ストレスの緩和や精神的な不安の軽減

不妊症や不妊治療の長期化によるストレスにより自律神経のバランスが乱れてしまいます。

そのような方には、

  • 手足が冷えている(浮腫んでいる)
  • よく眠れない
  • 普段より肩凝りが激しい

などの症状が良く見受けられます。

このような症状を含め、お身体全体の調子を改善する事でストレスの減少や精神的な安定へ繋がります。

医薬品などの副作用の軽減

服用されている医薬品によっては、胃腸の消化吸収力を落としてしまったり、お身体を冷えやすくしてしまう物がございます。

現在の症状に有効な薬品で必要だから止めるわけには・・・
といった場合にも、鍼灸治療により食欲の回復や冷えの解消など、お辛い副作用にも効果的です。

鍼灸では効果が期待できないもの

不妊症の原因にもなる子宮筋腫などに効果を期待できません。

鍼灸はお身体に備わっている自然治癒力を最大限に引き出すお手伝いができる治療法でのため、子宮筋腫(良性腫瘍)の場合など、腫瘍ではあるが悪性ではないものには効果を期待できません。

そのため、手術や超音波治療を行う場合がございます。

別の原因に関しても、病状によりホルモン療法など、病院で行う治療が最優先の場合もございます。

そのため、まずは

  • 経膣超音波検査
  • 子宮卵管造影検査
  • ホルモンの検査
  • 性交後試験(Huhnerテスト、またはPCT)
  • 精液検査

などお身体の状態や原因に沿った検査を受けられることが先決です。

そのうえで、検査結果を踏まえた鍼灸治療の併用をお勧め致します。

最後に

鍼灸は不妊治療へ様々な効果を期待することができます。

しかし一方で、「体外受精(IVF)による不妊治療を行う前後に鍼治療を受けても生児出生率を高める効果は期待できないことが新たな研究で示された。」と言う研究結果があるように、すべての方に100%有効と言うわけにはいかない現状もございます。

「不妊症かな?」とお考えの方の内、鍼灸治療もお考えの方は、

  1. 不妊期間を確認
  2. 「病院受診前のお身体状態を整えての妊活」または「病院の受診」
  3. 病院の結果を踏まえて鍼灸を受ける

という順序をご検討いただけますと幸いです。

施術&料金

初診料不要

60分6,000円〜
詳細は以下ページをご参照ください。

施術&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16(マロン白金3A)

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら