便秘症への対処と鍼灸治療の効果

便秘症は2017年にガイドラインが設けられ、症状や原因により細かく分類されました。

大腸癌などの病気や薬の副作用が原因の便秘を除くと、便秘の主な原因は生活習慣やストレスによる自律神経の乱れにあるため、生活習慣の見直しや鍼灸で自律神経を整えることが便秘解消につながります。

今回はそんな便秘症について綴らせていただきました。

便秘とは

便秘症は「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されています。

毎日排便されている方でも、排便後のスッキリ感が無い場合には便秘症と考えられ、

  • 排便回数が減ってしまっている
  • 排便時に困難を要する

など、排便頻度や便の状態(硬さ)に合わせた対処が重要となります。

そもそも便の作られる過程とは?

便が作られる過程として、口から取り入れた食物は胃や小腸で身体に必要な栄養や水分を消化・吸収されて大腸へと運ばれます。

大腸は主に水とミネラル(電解質)を吸収する働きをしており、大腸でゆっくりと水分が吸収されます。

そして、吸収されなかった物や腸璧から剥がれ落ちた粘膜が便となります。

便として固形化されて肛門へと運ばれるのですが、便の含む水分量によってバナナのようにスルッと出る便や兎糞のような硬い便など、硬さや形状が変わりす。

そのため、大腸内に便が長時間留まってしまうと水分吸収が通常よりも進み、便は硬く小さくなります。

便秘の種類

便秘は器質性便秘と機能性便秘の大きく2タイプ分かれます。

一般的に慢性便秘といわれるものは機能性便秘に含まれます。

また、頻繁に便秘や下痢を繰り返す場合には「過敏性腸症候群」の可能性も考えられます。

(過敏性腸症候群に関する詳細はこちら

器質性便秘

大腸自体に何かしらの原因があるケースです。

大腸癌や腸閉塞などの病気が原因とされるものや、生まれつき大腸が長い体質の「腸過長症」が原因で起こります。

機能性便秘(慢性便秘)

機能性便秘は便の作られる過程や排便が原因で起こり「排便回数減少型」と「排便困難型」があり、両方同時になる場合もあります。

排便回数減少型

食物繊維の不足や薬の副作用により大腸の通過に時間を要してしまうため排便回数が減少します。

排便困難型

硬便(便が硬い)や腹圧の低下により排出に時間を要してしまいます。

便秘の原因

病気や薬の副作用を除くと、食物繊維や水分不足、運動不足、自律神経の乱れが原因になります。

大腸癌などの重篤な疾患や薬の副作用の可能性を確認してから、生活習慣の見直しをご検討ください。

食物繊維や水分不足

食物繊維や水分不足によりコロコロとした硬い便になり排便困難へと繋がります。

運動不足

筋力の低下は腹圧低下に繋がりスッキリとした排便がおこなえない原因へ繋がります。

自律神経の乱れ

長期的なストレス環境や睡眠リズムの悪化は自律神経の乱れに繋がり、腸から肛門へと便を運ぶ運動(蠕動運動)が低下します。

また、便意を感じづらくなる事で排便回数の低下につながります。

鍼灸師のコメント

蠕動運動と自律神経の関係
腸管は輪状筋と縦走筋の2つの筋肉で構成され、それらがリズミカルに収縮を繰り返す事で便を移動させます。
この腸管の動きを蠕動運動といい、蠕動運動をコントロールするのが自律神経になります。
自律神経が乱れると蠕動運動の弱まるため排便回数の減少につながります。

(自律神経に関する詳しい記事はこちらをご参照下さい)

治療方法・予防方法

腹痛などの症状が酷い場合には酸化マグネシウム薬の服用や坐薬(浣腸)によって排便を促せますが一時的な解消方法のため、生活習慣の見直しが大切になります。

マグネシウムが効果的な理由

マグネシウムは胃〜十二指腸に届くと胆嚢を収縮させる働きがあります。

胆嚢が収縮すると胆汁という消化液が分泌されて消化管の蠕動運動が活発にするため便通が改善します。

薬の作用により一時的に消化液を出している状態のため、便秘による激しい腹痛などの場合にはおすすめですが、根本的に改善する訳ではない点に注意が必要です。

生活習慣の見直しが最高の予防方法

まずは水分や食物繊維をしっかり摂ってください。

水分や食物繊維の不足解消は腸管内を便がスムーズに移動できる状態になります。

また、ウォーキングのような全身運動や腹筋運動は腹圧を高めてスムーズな排便につながります。

ストレスや睡眠不足など自律神経の乱れを感じる場合には鍼灸もおすすめです。

鍼灸に期待できる効果

自律神経を整えることに鍼灸はとても優れています。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経が自分の意思と無関係に働き、血管や内臓を自動で調節する神経で、どちらも高い状態にあることが理想的です。

自律神経の乱れは、お腹が動かない、動きすぎるといった偏った状態になり、排便周期の悪化や便意を感じづらくなることで腹痛や食欲減退といった症状にも繋がります。

鍼灸は緊張状態に陥った自律神経の働きを和らげたり、βエンドルフィンの分泌を活性化させるリラクセーション効果を発揮することで症状の改善が期待できます。

また、腸管内の環境(血流)を整うことで栄養の消化や吸収がずムーズなお身体に近づきます。

そのため、生活週間の改善と併せた鍼灸がおすすめです。

便通が停滞している場合には

大腸癌などの重篤な疾患が原因となる場合もあるため、激しい腹痛や長期間続く便秘の場合には1度消化器科の受診をご検討ください。

便秘症の多くは水分や食物繊維の不足を補い、腹圧を上げるトレーニングをすることで改善がみられます。

また、鍼灸を併用しすることで自律神経が整うことでお腹の調子を改善し、便意を感じやすいお身体に近づくためおすすめです。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群(IBS)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい眼瞼痙攣
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 慢性疲労症候群(CFS)脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチ(RA)アトピー性皮膚炎うつ病不定愁訴

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら