膝関節痛への対処と鍼灸治療の効果

正座をしていると痛む、膝がしっかりと伸びきらないなど、自身も歳を重ねたから仕方がないか・・・
と思われる事の多い膝関節の痛み。

膝関節の痛みには、年齢を重ねた事が由来して起こる場合や筋肉が凝り固まって起こる場合など様々です。

筋肉が凝り固まって痛みを出している場合には、しっかりと筋肉を緩めてあげることで痛みが軽減されます。
しかし、思い当たる原因や病院で診てもらったが異常がなかったと言う場合には、鍼灸やマッサージを1度試される事をお勧め致します。

今回はそんな膝関節について綴らせていただきます。

そもそも膝関節とは

膝関節は大腿骨と呼ばれる太ももの骨、脛骨と呼ばれるスネの骨、膝蓋骨と呼ばれる膝のお皿の骨。
これら骨同士がぶつからないように骨を軟骨が覆い、関節包と言う袋で包んでおります。

そのうえで様々な動きができるように多くの筋肉が付いているため、膝の痛みと一口に表現された場合にも、骨、軟骨、筋肉など、どこに痛みがあるのかで対処方法が異なります。

そのため、膝の内側が痛い、膝の裏側が痛いなど、膝の痛む場所や痛み方も異なります。

膝関節痛の原因

膝関節周辺が痛くなる原因として、

  • 膝関節自体に問題が生じた場合
  • 筋肉など他の部分に原因があるもの

の大きく2つに分けられます。

また、膝関節自体の問題(関節軟骨の擦り減りなど)と筋肉が硬くなって痛みを増幅させているなど、複合的に痛みを出している場合もございます。

そのため、まずは病院で検査し、骨や軟骨の具合や隠れた疾患が原因で無い事を確認される事をお勧め致します。

膝関節自体の問題

膝関節に問題が生じた場合としては、軟骨が擦り減ることで痛む場合やリウマチや悪性腫瘍が原因の場合が挙げられます。

原因となる疾患や、症状の進行状況によっては、歩行困難や寝たきりの他、重篤な障害をもたらす可能性もありますので注意が必要です。

膝関節の問題としては、下記3つの疾患が多いと言われております。

変形性膝関節症

膝の痛みの原因で最も多いと言われているのは変形性膝関節症です。

こちらは、加齢や怪我により軟骨が擦り減ることで、膝の関節が変形していってしまうものです。

初期症状から痛みを訴える方もいれば、自覚症状が無い方もいます。

関節の変形は徐々に進行していく傾向があるため、症状の進行に伴い痛みが強くなる場合が多いようです。
そのため、膝に痛みを感じ始めたら、お早めに専門医に診てもらうことをお勧め致します。

関節リウマチ

リウマチは、免疫の病気(自己免疫疾患)です。

免疫は体に必要とされる正常な細胞と不要なものを識別し、不要な物を排除する仕組みを持っております。
リウマチは免疫が正常な細胞までも攻撃してしまう状態です。

関節で炎症が起こり、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまうこともあります。

膝の痛みの他に、指先の関節が痛む、貧血や全身倦怠感を感じる場合には注意が必要です。

半月板損傷

膝の中でクッションの役割をしている半月板と言う組織が、傷ついたり、割れたりする病気です。

半月板が損傷すると、膝の曲げ伸ばし時に痛みを感じる、膝を完全に曲げ伸ばし出来ない、膝を曲げた際にゴリっとした異音があるなどの症状を引き起こします。

半月板は、加齢による摩耗や膝周囲の筋肉が収縮し、炎症を起こすことで痛みが生じます。

筋肉など他の部分に原因がある場合

膝関節周囲の筋肉が緊張していたり、筋肉が偏った使われ方をしていた場合や、膝周りの血行が悪化している場合に痛みや痺れを引き起こすケースがございます。

このような場合に鍼灸やマッサージを行い原因とされる筋肉をしっかりと緩めてあげる事で筋肉の緊張を解してあげたり、膝周囲の血行を改善することで、痛みが解消されたりするケースがあります。

当室でも、正座が出来ない方の太腿の深い筋肉を緩めることで症状が改善されてたケースや、膝の中が痛むが病院での検査で異常が見当たらなかった方の膝裏の筋肉を緩め、膝周囲の血行を改善することで症状が改善された方もいらっしゃいます。

鍼灸で改善の期待がもてる膝関節痛

上記でお伝えさせていただいたように、膝関節痛は様々な原因で起こります。

鍼灸で改善の期待がもてるものには、下記のようなものがございます。

股関節自体の痛み

  • 変形性膝関節症
  • リウマチ

こちらは鍼灸の適応となります。

しかし、このような疾患に対しては原因を取り除くといった考えではなく、痛みをコントロールすることで日常生活をより快適に送るこを目標とした治療となります。

そのため、長期的にみた場合にリウマチなどは寛解と増悪を繰り返すことや季節変動を伴う場合がございますため、鍼灸を受けて改善や寛解が見られた場合にも病院との併用をお勧め致します。

筋肉由来の痛み

膝周りの筋肉や股関節周りの筋肉などが凝り固まっていることで痛みが現れている場合に、筋肉の柔軟性や血行の改善を行うことで、症状の寛解が期待できます。

また、鍼灸治療に加え、セルフケアとして体重のコントロールを行うことで関節に掛かる負担を軽減することも効果的です。

最後に

最近強くぶつけた、安静時(横になっている)も痛むといった場合には1度病院での検査をお勧め致します。

鍼灸は筋肉に由来するものや変形性膝関節症やリウマチに由来する痛みに対して有効です。

変形性膝関節症やリウマチでは痛みをコントロールすることで日常生活を送ることが可能となる場合もあります。
しかし、長期的にみた場合にリウマチなどは寛解と増悪を繰り返すことや季節変動を伴う場合がございます。
そのため病名の付く疾患が原因として考えられる場合には病院との併用をお勧めさせていただいております。

また、関節にかかる負担を軽減するために、適度な体重維持も効果的です。

膝関節が硬いと感じている方は、膝関節周囲の筋肉や股関節周りの筋肉を柔らかくするストレッチやマッサージなどの取り組みをお勧め致します。

施術&料金

初診料不要

60分6,000円〜
詳細は以下ページをご参照ください。

施術&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16(マロン白金3A)

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら