ゴルフ肘への対処と鍼灸治療の効果

ゴルフの練習を一生懸命行った結果、肘付近から痛みを感じるようになった・・・

このような症状の場合に、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)の可能性が考えられます。

ゴルフ肘に関しては、対処をしないでいると肘の痛みが徐々に腕へと拡がる場合もあるため、日常生活に影響が出ないように痛みを感じた際にはしっかりと対処する事が重要になります。

そこで今回は、

  • そもそもゴルフ肘とは
  • 実際の症状やその確認方法
  • 対処方法

に関して、記載させていただきます。

そもそもゴルフ肘とは

ゴルフの練習などを継続的に行う事で、肘に痛みを感じる場合がございます。

これがゴルフ肘と呼ばれる物で、正式名称は「上腕骨内側上顆炎」と呼ばれるスポーツ障害の一種になります。

ゴルフスイングのような、腕の筋肉をしっかりと使う運動を繰り返す事で、手首や指先を曲げ伸ばしする筋肉群の付け根である肘へ負荷が蓄積した結果、炎症を起こし肘や腕に痛みが生じます。

痛みを感じ始めた場合に、薬指と小指で物を握る動作を行った際に痛みを感じ易い特徴があります。

ゴルフ肘の症状

ゴルフ肘の症状として、

  • 安静にしていても不快感が常に現れる
  • 肘に何か触れた際に痛みが走る
  • 腕を動かした際に痛みが現れる

など、症状や程度に個人差が見られます。

肘の痛みが徐々に腕へと拡がる場合もあるため、日常生活に影響が出ないように痛みを感じた際にはしっかりと対処する事が重要になります。

ゴルフ肘の確認方法

ゴルフ肘か確認する方法として、肘の内側に痛み(圧痛)があるかどうかを確認します。

肘内側の骨が出っ張った部分やその周囲を押した際に、痛みを感じればゴルフ肘が疑われます。

病院ではレントゲンやMRI等で診断される場合もございます。

治療方法

まずは安静にして、酷使した筋肉は休ませる必要があります。
肘付近に熱感を伴う場合には湿布なども有効です。

痛みを我慢してでも腕を使わなければならない方は、サポーターやテーピングで筋肉(肘)への負担を軽減させることをお勧め致します。

しかし、痛みや熱感が強い場合には1度病院やクリニックの受診をお勧め致します。

筋繊維を酷く損傷している(炎症が強い)場合には、

  • 抗炎症薬の注射
  • 湿布などに並行してリハビリ訓練の実施

などを行う場合もございます。

また、

  • 電気や熱療法
  • 鍼灸治療

などもお勧めです。

鍼灸が効果的な理由

ゴルフ肘に鍼灸治療が効果的です。

酷使し過ぎてしまった筋肉に直接鍼を用いることで、筋肉の緊張を緩和する事ができます。
また、筋肉の付着部である肘の炎症部位には皮内鍼や円皮鍼と言った張るタイプの鍼を用いる事で炎症をスムーズに寛解できます。

施術後にセルフストレッチなどのケアを行っていただければ更に良い状態を維持する事ができます。

筋肉の付着部である肘の炎症が原因の場合にも、筋肉が緩んでから炎症が治まるため、手を使う作業を極力減らしていただく事が、早く改善する近道です。

最後に

ゴルフのスイングを繰り返してから肘に痛みを感じるようになった際には、まずは安静にされるよう心掛けをお願い致します。
また、サポーターや鍼灸治療を行い腕や肘の負担を軽減されることもお勧め致します。

しかし、痛みや熱感があまりにも強い場合には、リハビリ等の併用を行った方が良い場合もございますため、1度病院やクリニックの受診をお勧め致します。

快適な日常生活やゴルフライフの充実のためにも、症状や痛みを感じ始めた際にはしっかりと対応される事をお勧め致します。

施術&料金

初診料不要

60分6,000円〜
詳細は以下ページをご参照ください。

施術&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16(マロン白金3A)

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら