脳卒中(後遺症)への対処と鍼灸治療の効果

寝たきりの原因にもなる「脳卒中」。

脳卒中は脳血管の詰まりや出血で起こり、突然発症して寝たきりや後遺症に繋がる可能性も高いため、迅速な対応が求められる病気です。

後遺症として、関節が動かしづらくなる「関節拘縮」や筋肉が緊張してこわばってしまう「筋痙縮」が現れやすい特徴もあります。

鍼灸は運動機能の回復や痺れの改善に期待ができるため、脳卒中後のリハビリテーション期には鍼灸の併用をおすすめします。

今回はそんな脳卒中について綴らせていただきました。

そもそも脳卒中とは

脳の血管が「詰まる」、「破れる」ことで脳に酸素と栄養素が行き届かなくなり、脳の働きが損なわれてしまう病気です。

脳血管障害とも呼ばれ、身体機能や言語機能といった脳の機能喪失にもつながります。

脳卒中は血管の詰まりや出血する部位によって、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3つに分かれます。

脳梗塞

動脈硬化などにより生じた血栓(血の塊)によって血管が詰まってしまうケースです。

脳卒中の約8割は脳梗塞が引き金になります。

脳出血

高血圧などで脳内の血管が脆くなり、破れてしまうケースです。

脳の組織が直接的に損傷を受けてしまいます。

くも膜下出血

脳を包む「くも膜」で出血が起こるケースです。

脳動脈瘤や動静脈奇形の破裂が原因になります。

症状

激しい頭痛、呂律が回らない、フラフラして立っていられない、物が二重に見えるといった症状が現れます。

症状の種類や強さは血管の損傷部位により異なり、くも膜下出血の際には今までに経験したことのない程の激しい頭痛を感じます。

突然これまでに経験ない程の激しい頭痛を感じた場合には救急病院を受診してください。

原因(危険因子)

原因は多岐に渡り、リスク因子として高血圧、糖尿病、脂質異常症、不整脈があります。

どれも生活習慣との関わりが深く、服薬でのコントロールや生活習慣の見直しが改善に効果的です。

高血圧

血管への負担が増え、脳梗塞や脳出血のリスクが上がります。

また、高血圧や動脈硬化の原因になる「喫煙」も注意が必要です。

糖尿病

血糖値の高い状態は血管が損傷しやすく、血流の悪化にもつながります。

そのため、血糖値のコントロールや定期的な検査が重要になります。

脂質異常症

血栓が出来やすく脳梗塞のリスクが上がります。

特に悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが高い人は脂質制限も大切になり、キノコや海藻、根菜類の摂取が効果的です。

不整脈

心房細動という不整脈が心臓で血栓を作り、脳梗塞を引き起こします。

治療方法

脳卒中の状態により、薬物療法や外科的療法が中心に行われます。

  • 脳梗塞:血栓溶解薬やカテーテルでの血栓除去が行われます。
  • 脳出血:出血を止めるための手術や血圧管理に薬剤療法が行われます。
  • くも膜下出血:動脈瘤クリップ術やコイル塞栓術での止血が行われます。

脳卒中の後遺症

感覚障害、言語障害、認知障害、運動障害といった後遺症が現れます。

損傷部位や程度によっては、片側の手や足が動かしづらくなる「片麻痺」や日常生活に影響してしまう程の「筋力低下」が起こるため、廃用症候群を防ぐためにも早めのリハビリ開始が大切になります。

鍼灸師のコメント

廃用症候群とは

寝たきり状態が続き、筋力低下や関節硬化、骨委縮につながってしまうことをいいます。

リハビリの早期開始が「関節の拘縮」や「筋肉の萎縮」軽減につながります。

また、リハビリは急性期、回復期、維持期に分かれるため、それぞれの時期に適したリハビリを行うことも重要です。

急性期のリハビリ

発症から数日〜約2週間(1ヶ月)を急性期と呼び、再度危険な状態になりやすいため、体温や血圧といったバイタルサインに注意を払いながらにベッド周辺でのリハビリテーションを開始します。

回復期のリハビリ

発症から5〜6ヶ月を回復期と呼び、血圧が安定してきやすい時期でもあるので症状に応じた様々なリハビリテーションが開始されます。

後遺症が改善する可能性も高い期間でもあり、歩行や食事、入浴といった在宅復帰に向けての生活動作を集中的に行います。

維持期のリハビリ

発症から6カ月目以降を維持期と呼び、通院(施設)や自宅でリハビリをおこなうことで日常生活動作の維持・向上を計ります。

些細な日常動作にもリハビリや予防効果は大きく、例えば「うがい」をする時にしっかりと喉の奥(輪状咽頭筋)を使うことで、睡眠時に唾液の誤嚥性肺炎を防ぐ効果がありますので1つ1つの動作を丁寧に行うことも大切です。

また、鍼やマッサージで廃用症候群や筋肉の痙縮予防を行うにも適した期間です。

  

鍼灸の効果

筋痙縮と関節拘縮といった運動機能の回復や末梢神経の再生を促します。

「筋痙縮(けいしゅく)」は常に筋肉が緊張状態になってしてしまうことで、歩きづらさ、指先のこわばりで物が掴み辛いといった原因になり、筋肉を細かく動かす機会が減ることで関節の動きが硬くなる「関節拘縮(こうしゅく)」にもつながります。

鍼灸で筋肉の緊張を緩和して血行が回復することで、筋肉の硬さや関節の動きが滑らかになり、浮腫みや日常生活動作が改善するだけでなく、鍼通電により末梢神経障害の神経新生が促され、痺れの回復にも効果を期待できます。

そのため、早いうちから通常のリハビリ内容に併せて鍼灸を取り入れられることをおすすめします。

突然の激しい頭痛や脳卒中の後遺症には

脳卒中は生活習慣の改善とリスク因子の管理により、発症を減らすことができる病気です。

もし脳卒中が発生した場合には早期診断と治療が後遺症の軽減につながります。

また、通常のリハビリに併せて鍼灸を取り入れることで回復力を高める期待ができますので、身近にリハビリ中の方がいらっしゃいましたら是非ご検討ください。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群(IBS)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい眼瞼痙攣
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 慢性疲労症候群(CFS)脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチ(RA)アトピー性皮膚炎うつ病不定愁訴

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら