鍼灸の健康保険適用について

鍼灸は医療機関(医師)による適当な治療手段がなく、鍼灸を受けることに医師が同意している場合に保険適応になります。

鍼灸の保険適応疾患

以下6つが鍼灸の保険適応疾患になります。

※神経痛やリウマチに同一範疇して慢性疼痛が認められるケースもあります。

神経痛

手や足など、神経に沿った痛みや痺れ

例:坐骨神経痛・顔面神経痛・肋間神経痛など

リウマチ

指・肘・膝など、関節の痛みや腫れ

四十肩

肩の痛みで腕が挙がらない

腰痛

腰の痛みや重さ

例:ぎっくり腰、ヘルニア

頸腕症候群

首肩や腕の痛み、痺れ

頚椎捻挫後遺症

むち打ち症など

注意事項

以下2点が必須条件になります。

医師の同意が必要です

医師の同意がない施術は、健康保険の対象となりませんのでご注意ください。

同意書は6ヶ月間有効、且つ、治療回数に制限などはありませんので、症状やご都合に合わせた治療計画を組むことができます。

また、同意書の期限(6ヶ月)以降も医師の再同意を得ることで継続して鍼灸治療を受けることが可能です。

同意書とは

医師が健康保険で「鍼灸治療」を受けられることを認めた書類です。

同意書用紙は鍼灸院でもらえます。

同一疾患で病院との併用治療ができません

医師による適当な治療手段がない場合のみ、健康保険を使用して鍼灸を受けることが可能になります。

そのため、病院(クリニック)で同じ疾患の治療や投薬を受けると、鍼灸治療は保険適応になりませんのでご注意ください。

※医師から湿布を処方された場合も治療行為とみなされてしまいます。

料金

治療料金は鍼灸院により異なります。

健康保険で支払われる金額は一律で定められているため、

・保険分を短い時間で治療する鍼灸院

・自費施術の総額料金から保険金額を差し引く鍼灸院

などの違いがあり請求額が異なります。

全体の流れ

      1.お問い合わせ

      2.保険適応疾患の確認と同意書のお渡し

      3.主治医から同意書の取得

      4.鍼灸治療

      5.月末に療養費支給申請書のご確認
      (「施術日数や料金に間違えないか」のご確認後、レセプトにサイン)

健康保険を使用した鍼灸をお考えの際には

まずは主治医に鍼灸を試したい旨を相談し、同意をもらえるか確認されることをおすすめします。

鍼灸の健康保険適用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症動脈硬化
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 全身倦怠感脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチアトピー性皮膚炎

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら