鍼治療の目的・効果や痛みについて

鍼治療は血行を改善することで肩凝り腰痛の改善、自律神経やホルモンバランスを整える作用を持ちます。

そのため節々の痛みの他、風邪や胃腸症状など、様々な症状に効果を期待することができます。

また、人が本来持っている自然治癒力の最大化をお手伝いする療法のため副作用が少なく、病院などの治療と併用できる特徴があります。

今回はそんな鍼治療について綴らせていただきました。

そもそも鍼治療とは

不快感を感じる部分や症状に対応するツボに鍼を施す療法です。

ツボとは長年積み重ねた経験により、刺激を与える事で何らかの効果が現れるポイントの事を指し、患部から離れた箇所に刺激をしても特定の部位に血流が増えるなどの変化も起こります。

鍼治療は、部分的・全身的な血流改善や鎮痛作用、免疫力の向上など様々な効果を期待することが出来ます。

鍼施術の方法

鍼治療は経穴(ツボ)に鍼を施していきます。

ツボに刺入した鍼は、

  • 鍼を上下させる、回旋させる
  • 微弱な低周波パルス通電させる
  • 鍼を刺してはすぐに抜くを繰り返す
  • 鍼を刺した後、一定時間おく

など、お身体の状態に合わせて刺激量を調節していきます。

「刺激にとても敏感な方」や「小児」には、皮膚に接触させたり押圧させたする方法もあり、乳幼児の夜尿症や夜泣きなどに効果があります。

鍼治療で使われる鍼に関して

注射針のような物を想像される方が多くいらっしゃいますが、鍼灸治療で使用する鍼は注射針と形状や太さが異なります

鍼の形状や太さ、注射針との違い

鍼の太さは0.16mm、髪の毛(0.05~0.15mm)程に太さになります。

形状は筋繊維をかき分けて進むよう先端が丸みを帯び、筋肉など組織に刺し進め易い形状になっているため痛みを感じづらい特徴があります。

鍼の衛生面

多くの鍼灸院ではステンレス製の滅菌された使い捨ての鍼を使用しております。

特殊な形状の鍼を使用している鍼灸院も稀にありますが、そのような鍼を使用している鍼灸院ではオートクレーブと言う「高温高圧式滅菌装置」や化学的な方法で安全を期してた物を使用しております。

鍼は痛いのか?

お身体への刺入方法は、主に管鍼法という円柱形をした合成樹脂製の筒を用いて無痛で刺入します。

一部の鍼灸院では、筒を使わずに鍼を親指と人差し指でつまんで刺入する方法(中国で行われている方法)も行われておりますが、どちらの方法もほとんど痛みを感じません

皮膚には、触られた、熱い、痛いなどの情報を感知するセンサーが張り巡らされております。

稀に痛みを感じるセンサー(痛点)に鍼先が当たることで痛みを感じることもありますが、持続するような痛みはありませんのでご安心ください。

鍼独特の感覚「響き(得気)」

刺した時の痛みとは別に、鍼を身体の深部へ進ませるに連れて「ズーン」とした重怠いような独特な感覚が生じます。

これは、響き(得気)と呼ばれるもので「鍼が効いている目安」になります。

疲れや凝りが酷い、精神的に緊張している、といった場合に響きが強く傾向があります。

鍼の効果

鍼は様々な効果があり、WHO(世界保健機関)にも鍼灸適応症が多く挙げられています

代表的な効果として血行改善とそれに伴い自律神経やホルモンバランスが整うことが、さまざまな症状改善に繋がります。

血行改善

鍼で細胞にわざと微細な傷を作る事で、この傷を修復するために血行を促進する働きが活性化します。

血行が促進することで患部に滞っていた老廃物が排泄され、身体の組織に必要な酸素や栄養素が行き届くことで不快感などの諸症状を改善していきます。

免疫力の活性化

体内に入った鍼や損傷を受けた細胞の断片を排除するために、鍼をした周囲に免疫を担当する細胞が集まり微細な炎症反応を起こすことで免疫を活性化します。

自律神経を整える

血管や内臓など自律神経が密に分布するエリアを鍼で刺激することで自律神経のバランスにも影響が及ぶため、交感神経と副交感神経のバランスを調整することができます。

自律神経に関する詳細はこちらをご覧ください。

このような方は是非1度お試しください

  • 病院での治療の他にできることを模索している方
  • 辛い症状はあるのに検査では異常がない方
  • マッサージは行くけど鍼は未だ試されていない方

鍼はお身体に備わっている自然治癒力を最大限に引き出す療法のため、様々な症状に対して効果を期待することが出来ます。

打つ手のないお困りの症状、もう一歩改善に近づきたいといった場合には是非ご検討ください。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 全身倦怠感脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチアトピー性皮膚炎

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら