月経痛への対処と鍼灸治療の効果

下腹部の痛み、イライラ感、さまざまな症状を引き起こす月経痛。

月経痛に対して鍼灸治療をおこなうことで自律神経やホルモンバランスが整い、症状の緩和・改善が期待できます

今回はそんな月経痛について綴らせていただきました。

そもそも月経とは

周期的な子宮からの出血をいいます。

子宮内部では「子宮内膜」という赤ちゃんのベッドが日々作られ、「子宮内膜」は妊娠していない場合に剥がれ落ちて血液と一緒に体外へ排出されます。

このベット作成と排出の月経周期は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンの分泌でリズムが形成されます。

月経周期は約4週間(28~30日)を1サイクルとし、生理が始まってからおよそ14日目に「排卵」が起こり、ストレスなどの原因により1週間程前後することはありますが、生理予定日の前後2~5日は正常なズレとされております。

月経痛の原因

不要になった子宮内膜を排出するため、子宮を収縮することで収縮痛が起こります

子宮の収縮はホルモンの分泌によってコントロールされるため、ホルモンの過剰分泌、ホルモンを運ぶ役目をもつ「血行」が悪いと、痛みが強くなってしまいます。

ホルモンの分泌量が多い

不要になった子宮内膜を体外に排出するために、体内では子宮を収縮させて体外に押し出す働きをするホルモン「プロスタグランジン」を分泌します。

プロスタグランジンの分泌が多くなることで、子宮の収縮は過剰になり、下腹部や腰の痛みの原因につながります。

また、プロスタグランジンには痛みを強める作用を持ち合わせるため、下腹部痛だけでなく頭痛などの本来症状が現れやすい場所の痛みもひきおこします。

血行不良

血行不良は「プロスタグランジン」が滞る原因になり、症状を悪化させて悪循環を形成してしまいます。

月経痛の種類

月経痛は症状や生じる時期により、月経前症候群と月経困難症に分けられます。

月経前症候群(PMS)

生理前に不快な症状が現れて、日常生活に支障をきたすことを月経前症候群(PMS)といいます。

月経前症候群(PMS)は脳内のホルモンや神経伝達物質の異常が原因であるとされ、浮腫みや頭痛・肩凝りなどの身体症状、イライラ・憂うつ・睡眠障害などの精神症状、が生理前に現れて生理が始まると症状が軽く(消失)なる特徴を持ちます。

生理2週間前から症状が現れる方、2.3日前に現れる急な症状にお悩みの方、個人差がありますが1週間前から不調を感じる方が多いとされています。

月経困難症

月経困難症は肥厚した子宮内膜が剥がれる際に痛みを生じるため、深部体温が低いと子宮筋が緊張収縮することで痛みが増す特徴があります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という、月経周期に深く関与しているホルモンの分泌異常が原因との説がありますが詳しい発症メカニズムは解明されていません。

腎臓に関与するレニンやアンジオテンシン、アルドステロンなどのホルモン異常が関与しているとの考えもあります。

黄体期という月経周期中に高値となる「プロゲステロン」の分泌が低下することで、気持ちを落ち着かせる効果のある「セロトニン」というホルモンの分泌が妨げられたり、脳内GABAの活性が低下したりすることでイライラ感や抑うつなどの症状を引き起こします。

月経困難症は、器質性困難症と機能性困難症があります。

器質性月経困難症

子宮筋腫や子宮内膜など、病気が原因で月経困難症を生じて生理期間以外にも痛みが生じる場合があります。

月経時以外の下腹部痛・排便や性交に伴う痛みがある場合はこのタイプが疑われるので注意が必要です。

こちらは鍼灸治療の適応外のため、婦人科での治療が必要となります。

機能性月経困難症

月経症状のうち日常生活に支障をきたし治療が必要なほど重く、明らかな原因となる疾患が見つからない場合を指します。

下腹部痛や腰痛の他、頭痛・憂うつなどの症状が日常生活に支障をきたすほど重い場合に診断されます。

大部分の月経困難症がこちらで、プロスタグランジンの分泌量が多かったり子宮筋の感受性が高いなどの場合には子宮筋が過剰に収縮し強い生理痛となります。

その他、注意が必要な月経

普段の月経周期や頻度と異なる場合には注意が必要です。

過小月経

出血後2.3日で終わるなどの少量の場合を指し、無月経の前兆症状の場合があります。

過多月経

生理が8日間以上続く、眠るのが怖いほどの量や血の塊が出たりする場合には、ホルモンバランスの乱れや子宮筋腫の可能性も考えられます。

奇発月経

月経周期が39日以上の場合を指します。

排卵の無い場合には不妊症や無月経の原因にもなることがあるため、ホルモン療法を行うことがあります。

頻発月経

ひと月に2度、3度と生理があり、更年期などのホルモンバランスが崩れ易い女性に多く見られます。

不正出血の可能性も考えられますので、早めに婦人科の受診をご検討ください。

月経痛への対処

月経痛の主な原因は「血行不良」と「ホルモンバランスの乱れ」が原因のため、入浴やホットパックで腰やお腹を温める温活、ストレスの上手な発散が大切になります。

また、血行改善やストレスの緩和には鍼灸も効果的です。

月経痛に鍼灸が効果的な理由

鍼灸治療は世界保健機関(WHO)でも、生理不順に対する有効性が認められています。

鍼をすることで周囲の血管が広がり滞りを解消してくれます。

また、同時にお灸も行うことで温熱効果も加わるため血行の改善にとても適しています。

血行や冷えが改善することホルモンバランスや自律神経が整うため、様々な症状改善に効果が期待できますが、

  • 器質性の疾患
  • 月経時以外(排泄や性交時)に痛みを伴う場合

には鍼灸不適応になりますのでご注意ください。

月経痛と上手に付き合うためにも

お身体を冷やさないことが最も大切になります。

そのため、入浴の習慣化やホットパックを使用した温活が効果的です。

すでにセルフケアに取り組まれている方や諸症状が強い場合には鍼灸もおすすめです。

しかし、症状が辛すぎる場合や月経時以外に痛みを伴う場合には、無理をせず早めに婦人科の受診をご検討ください。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り肩関節周囲炎(五十肩)腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群(IBS)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症(ASO)
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい眼瞼痙攣
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症(BPH)膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 慢性疲労症候群(CFS)脱毛症不眠症むずむず脚症候群(RLS)不安神経症関節リウマチ(RA)アトピー性皮膚炎(AD)鬱病(大うつ病)不定愁訴
指定難病 パーキンソン病(PD)全身性強皮症(SSc)

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら