整形外科・整骨院・鍼灸院の違いと選び方

肩や腰の痛みを感じる際に、

  • 何処に行けば良いかお悩みの方
  • ひとまず整形外科に行ってみよう!とお考えの方

など様々では無いでしょうか?

その際に、持病をお持ちの方や原因の不明瞭な場合には、まず整形外科の受診をお勧め致します。

その上で、そもそも整形外科と整骨院の違いが不明瞭なため、どこに行ったら良いかわからないという方に向け、

  • なぜ整形外科を最初に受診した方が良いのか
  • 整形外科や整骨院、鍼灸院の違い
  • どのように通い分けるか

をお伝えさせていただきます。

なぜ整形外科を最初に受診した方が良いのか

  • 健康診断などを定期的に受け、私はデスクワークが原因の肩こりです。
  • 鍼灸やマッサージを普段から通っています。

と言った方は、通い慣れた治療院をお勧め致しますが、

  • 持病をお持ち
  • 原因が不明瞭

の場合には病院での診察を優先して下さい。

当室にいらっしゃる方の中にも、

  • ぎっくり腰になっちゃって
  • 腰(仙骨部)がずっと重痛いんだよね

との理由でいらっしゃり、施術後は楽になるけれど、時間の経過で痛みの再発や安静時にも痛むなどの状態のため、病院の受診をお勧めしましたところ、

  • 結石だったよ!
  • PSAの検査数値異常だった!

など、隠れた疾患が痛みを出している場合がございます。

そのため、

  • 最近は健康診断受けていない
  • ぶつけたりした記憶が無い

などの場合には病院の受診からをお勧め致します。

整形外科や整骨院、鍼灸院の違い

整形外科

医師(整形外科医)が骨・関節・筋腱やそれらを支配する神経、脊柱脊髄などを診断・治療いたします。

診察による理学所見とレントゲン(X線)やMRIなどの画像をもとに診断し、症状や病態にあわせて投薬、注射、リハビリテーション等で治療します。

接骨院(整骨院)

柔道整復師が捻挫や打撲などの外傷に対して冷罨法、温罨法、マッサージや物理療法等の施術を行います。

外傷による捻挫・打撲に対する施術や骨折・脱臼の応急処置に関しては、健康保険を使う事も可能です。
しかし、変形性関節症や五十肩のような慢性疾患では健康保険を利用する事は出来ません。

※外傷以外の症状に対して保険を使い通うことは違法となります。

また、柔道整復師は、あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師と同じ「医療類似行為」の資格となります。
そのため、レントゲン検査や薬の処方、注射はできません。

鍼灸師のコメント

医療行為をして良いのは医師だけです。

鍼灸師の場合には、鍼を刺す行為はOKとされておりますが、「わざと出血させるような手技はNGですよ!」など細かい取り決めがございます。
そのため、あまり見かけませんが医師に鍼灸を施してもらう事は可能です。

  • 原付免許で原付を運転するか
  • 自動二輪免許で原付を運転するか

の違いのようなものです。

整体院などの無資格店では、初めて訪れた際に、身体の調子などを記載する紙の最後に「これは治療行為ではございません」と言った同意文の記載があり、サインをしてからの施術が一般的です。

鍼灸院

気になる患部やツボに鍼やお灸を用い、刺激を与えて病気の治癒や予防をしていきます。

ツボとは長年積み重ねた経験により、刺激を与える事で何らかの効果が現れるポイントの事を言います。

そのため現在不快に感じている部位から離れた場所に刺激をしても特定の部位に血流が増えるなどの変化が起こります。

基本的には自費での施術となります。
しかし、意外と知られておりませんが医師の同意がある場合には保険適用になります。

鍼灸院で保険施術

「医師による適当な治療手段がなく、はり・きゅうの施術を受けることを認める医師の同意がある場合」に保険適応になります。

病院での治療経過に変化が見られない場合などに鍼灸の同意書をいただいて施術致します。

そのため、

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 五十肩
  • 頸腕症候群
  • 腰痛症
  • 頚椎捻挫後遺症

が保険の適応となり、全ての症状に対して保険施術を行えるものではございません。

どのように通い分けるか

整骨院または整形外科がおすすめの症状

突発的な外傷やコンタクトスポーツなどによる捻挫・打撲・骨折・脱臼の場合には、整骨院または整形外科がおすすめです。

急な外傷の処置の場合には、整形外科よりも整骨院の数が多いため、整骨院もお勧めです。
その際、整骨院の場合には、骨折・脱臼の際には応急処置が対応する範囲となりますので、応急処置後には整形外科の受診をお勧め致します。

鍼灸院がおすすめの症状

  • 慢性的な首肩凝りや腰痛。
  • 坐骨神経痛などの症状は出ているが、病院へ行って投薬やリハビリで変化が無い

といった場合にはお勧めです。

坐骨神経痛について

腰から下肢にかけて痺れる坐骨神経痛ですが、整形外科などのレントゲン所見で「椎間板ヘルニアでは無い!」など原因が不明瞭な場合には、梨状筋症候群というお尻の筋肉が緊張して坐骨神経を圧迫してしまう場合などがあります。

このような場合には鍼灸治療が有効です。

最後に

医師や施術者の知識・経験はバラバラです。

そのため、親身に寄り添ってくれる病院・治療院を選んでください。

施術&料金

初診料不要

60分6,000円〜
詳細は以下ページをご参照ください。

施術&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16(マロン白金3A)

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら