整形外科・整骨院・鍼灸院の特徴と違い

肩や腰の痛みを感じ、整形外科・整骨院・鍼灸院のどこに行くべきか迷われている時、持病をお持ちの方や原因の不明な場合には、まず整形外科の受診をおすすめします。

今回は整形外科、整骨院、鍼灸院それぞれの特徴や違いについて綴らせていただきました。

最初に整形外科を受診した方が良い理由

隠れた病気が痛みの原因になっていないか確認することが最も大切です。

とても身近な腰痛にしても、結石や前立腺癌といった疾患が原因のこともあります。

前立腺癌の疑い(PSA数値の上昇)がある場合には、まずはそちらの治療が先になります。

そのため、

  • 最近は健康診断受けていない、または注意された項目がある
  • ぶつけた、ひねった、などの記憶が無い
  • 寝ている時や安静にしている時にも痛む

といった場合には、まず整形外科の受診をご検討ください。

整形外科や整骨院、鍼灸院の違い

整形外科と整骨院の違いは曖昧になりやすいので特に注意が必要です。

整形外科

医師が医療行為を行う場所です。

整形外科医が骨・関節・筋腱やそれらを支配する神経、脊柱脊髄など診察による理学所見とレントゲン(X線)やMRIなどの画像をもとに診断し、症状や病態にあわせて投薬、注射、リハビリテーション等で治療します。

接骨院(整骨院)

柔道整復師が医療類似行為を行う場所です。

整骨院でも外傷による捻挫・打撲、骨折・脱臼の応急処置に関しては健康保険を使用できます。

そのため整形外科との違いが曖昧になりがちですが、外傷以外の症状に対して保険を使用して通うことはできません。

そのため、変形性関節症や五十肩のような慢性疾患では健康保険は使用出来ません。

※外傷以外の症状に対して、保険を使用して通うことは違法となります。

医療行為と医療類似行為の違い

医療行為は医師のみに許された行為です。

医療行為のなかで「身体への作用が緩慢な場合」など、限定的な範囲で許可された行為が医療類似行為になります。

医療類似行為は柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師といった資格取得者が行う行為です。

そのため医師以外の者が診断をはじめ、レントゲン検査や薬の処方といった医療行為を行うことはできません。

鍼灸院

気になる患部やツボに鍼やお灸を用い、刺激を与えて病気の治癒や予防する方法です。

ツボとは長年積み重ねた経験により、刺激を与えることで何らかの効果が現れるポイントをいいます。

そのため現在不快に感じている部位から離れた箇所に刺激をしても、特定の部位に血流が増えるなどの変化が起こります。

基本的には自費での施術となりますが、保険適応内の疾患で医師の同意を得た場合には保険適用になります。

鍼灸院で保険施術

「医師による適当な治療手段がなく、はり・きゅうの施術を受けることを認める医師の同意がある場合」に保険適応になります。

病院での治療経過に変化が見られない場合に鍼灸同意書をいただいて施術するケースが一般的です。

保険の適応症は、

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 五十肩
  • 頸腕症候群
  • 腰痛症
  • 頚椎捻挫後遺症

が対象のため、全ての症状に保険施術をおこなえるわけではありません。

)はり・きゅう保険適用に関しての詳細はこちら)

どのように通い分けるか

捻挫や脱臼など原因が明確で、怪我をしたばかりであれば「整形外科」または「整骨院」

整形外科や整骨院で手立てのない場合には鍼灸院をご検討ください。

突発的な外傷の場合

コンタクトスポーツなどによる捻挫・打撲・骨折・脱臼の場合には、整形外科または整骨院がおすすめです。

整骨院の数は整形外科よりも多く、打撲や捻挫といった急な外傷には健康保険も使用できるため、原因が明確な外傷時に駆け込むのに適しています。

しかし、負傷原因が急性(亜急性)の外傷性負傷だけが健康保険の適用範囲のため、応急処置後(3ヶ月後以降)も継続するようであれば整形外科の受診をご検討ください。

手立てのない場合

整形外科で検査したが湿布以外に手立てがない、慢性的に痛みが残っているといった場合には鍼灸院をご検討ください。

鍼灸は「痛みに過敏な状態の神経を沈静化する作用」や「痛みを庇って固くなった組織をほぐす作用」があるため、診察の結果異常がみられない場合にも効果を発揮できる場合があります。

迷った場合には親身に寄り添ってもらえる院を

整形外科、整骨院、鍼灸院は数多く存在します。

整形外科にもリハビリが特徴の整形外科があれば、最新医療機器でおこなう整形外科もあります。

鍼灸院も同様で、患部を中心に鍼をする鍼灸院もあれば、患部から離れた箇所に鍼をする鍼灸院もあります。

それぞれの院で特徴や施術者の知識・経験はバラバラになってしまうため、親身に寄り添ってくれそうな、ここに通ってみようと思える院を選ばれることをおすすめします。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群(IBS)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい眼瞼痙攣
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 慢性疲労症候群(CFS)脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチ(RA)アトピー性皮膚炎うつ病不定愁訴

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら