下痢症への対処と鍼灸治療の効果

多くの方が経験される「下痢症」は、5歳未満の小児では死亡原因2位にもなる実は危険な疾患です。

下痢症は様々な原因や種類があるため、しっかりと原因を特定し対処することが大切になります。

また、慢性的な下痢症状を呈する「過敏性腸症候群(IBS)」には鍼灸を併用する事でより良い改善へ繋がる期待が出来ます。

今回はそんな身近で危険な下痢症について綴らせていただきました。

下痢症とは

1日に3回以上(普段よりも回数が多い状態)の軟便または水様便の排泄と定義されています。

理想的の便は水分が70%~80%含まれているバナナ状です。
それに対し軟便とは便の水分量が増え80%~90%の状態を指し、水分量が90%を超えた液状を水様便(下痢便)といいます。

軟便や水様便を繰り返して腹痛や腹部不快感を伴う状態が下痢症といわれ、
下痢症の怖いところは隠れた病気や重度の脱水症状により死亡原因へと繋がる恐れのある事です。

鍼灸師のコメント
そもそも便が出来る過程とは

便が作られる過程として、口から取り入れた食物は胃や小腸で身体に必要な栄養や水分を消化・吸収された後、大腸へと運ばれます。
大腸は主に水とミネラル(電解質)を吸収する働きをしており、大腸でゆっくりと水分が吸収されます。
そして、吸収されなかった物や腸璧から剥がれ落ちた粘膜が便となります。
便として固形化されて肛門へと運ばれるのですが、便の含む水分量によってバナナのようにスルッと出る便や、水分量が不足した兎糞のような硬い便(便秘時に現れることが多い)や水分量が多い水様便(下痢時に現れることが多い)と便の形が変わります。
そのため、腸の調子により便秘になることもあれば下痢にになることもあり、便秘と下痢を繰り返す場合などもあります。

下痢症の種類

大きく4つに分類されます。

また、下痢は持続期間に応じて

  • 2週間以内「急性下痢」
  • 1ヶ月以上症状が続く「慢性下痢」

に分けられ、急性下痢の多くは感染性が疑われるため、お腹を下す物を口にした記憶が無い場合や発熱などを伴う場合には病院の受診をお勧めいたします。

浸透圧性下痢

口から取り入れた食べ物には水分を引き付ける力(浸透圧)があり、浸透圧が高いと腸での水分吸収が不十分のまま排便されてしまうため、下痢症となります。

脂っこい物や人工甘味料の摂り過ぎで起こります。

牛乳を飲むとおなかが緩くなる方(乳糖不耐症)も、これに当てはまります。

運動亢進性下痢

腸の運き(蠕動運動)が活発になり過ぎることで便が腸を通過する時間が短くなり、便から水分を十分に吸収できないことで引き起こされます。

ストレスやホルモンの影響の他、過敏性腸症候群やバセドウ病でもみられます。

分泌性下痢

腸は水分吸収の他、腸液の分泌も行っており、
腸液の分泌量が増えて便中の水分が増加することで起こります。

細菌による毒素やホルモンバランスの悪化が原因になります。

滲出性下痢

腸に炎症が起こり炎症部位から血液成分などの液体が滲み出ることで便の水分量が増加して起こります。

クローン病や潰瘍性大腸炎でもみられます。

下痢症の主な原因

  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 食べ過ぎや飲み過ぎによる消化不良
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 腸の感染症、炎症性疾患

が原因としてあげられます。

自律神経やホルモンバランスの乱れの他に感染症なども原因となるため、まずは医師の診断により下痢の原因を特定し適切な治療を受けることが大切になります。

そのため、感染症や隠れた疾患の疑いが無くなってから生活週間や自律神経を整えるといった方法を試されることをお勧めいたします。

なぜ自律神経の乱れが下痢症に繋がるのか

腸の蠕動運動や食物の消化は自律神経によって調節されています。

リラックスした際に優位になる副交感神経が蠕動運動や消化を亢進させ、興奮時に優位になる交感神経はその逆の働きを持ち消化や蠕動運動を抑制する働きがあります。

両者のバランスが崩れると腸の運動や消化液分泌が円滑に進まず、下痢(便秘)になってしまいます。

ストレスが原因とされる下痢

病院で検査をしてみたが特に異常が見当たらなかった・・・
しかし下痢や便秘を繰り返す・・・

そのような場合には、慢性下痢の大半を占めるもいわれている「過敏性腸症候群(IBS)」が考えられます。

過敏性腸症候群

腫瘍などの原因となるような病気が見当たらなく、腹痛や下痢(便秘)症状が数ヵ月以上続く疾患です。

下痢や便秘(両方を繰り返す場合もある)に加え、排便後は楽になる腹痛が特徴です。

ストレスが症状を悪化させる原因の1つとも考えられております。

改善方法としては、

  • 規則正しい食習慣
  • 休息や睡眠の確保
  • ストレスの解消

が挙げられます。

また、ストレスによる自律神経の乱れやホルモンバランスを整える方法の1つに鍼灸をお勧めいたします。

下痢症に対する鍼灸の効果

ストレスや自律神経由来の下痢症に鍼灸治療の有効性が期待できます。

また、過敏性腸症候群へ鍼灸を施し、良好な結果が現れたとの報告も挙げられております。

過敏性腸症候群には鍼灸が効果的

元来、腸などの消化器は心理的ストレスの影響を受け易く、「腸脳相関」とも呼ばれ過敏性腸症候群の病態として重要視されております。

ストレスで腹痛や食欲減退を感じた経験のある方も多いのではないでしょうか?

心身に急なストレスが加わると脳の視床下部(室傍核)から副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)が放出され、副腎皮質ホルモン(ACTH)が活性化することで糖質コルチコイドというステロイド様の物質を分泌促進します。

副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)は

  • タイプ1受容体と副交感神経を介して大腸運動の亢進
  • タイプ2受容体や交感神経を介して胃十二指腸の運動抑制

のコントロールもおこなっているため、ストレスで腹痛や食欲減退が起こります。

腸の運動異常や心理的異常が腸脳相関を介して悪循環を形成することで症状を助長すると考えられるため、鍼灸で自律神経などお身体全体を整えることで、腸の運動改善や心理的ストレスの軽減に繋がる期待が持てます。

また、過敏性腸症候群に4年投薬治療を行ったが改善が見られなかった患者さんに鍼灸を行った結果、減薬や腹痛・お腹の張り(膨満感)の軽減が見られ、鍼灸の有効性に期待が持てるという結果もあります。

そのため、生活週間の改善など試みたが・・・という方などに鍼灸は特にお勧めです。

過敏性腸症候群の治療を考える際の注意点

大腸癌の初期症状も過敏性腸症候群のような便秘と下痢を繰り返す症状を呈することがあり、実は大腸癌の初期症状であったというケースが稀にあります。

そのため、まずは病院を受診し病気の可能性を除外した後に、生活週間の改善や鍼灸治療に移られることをお勧めいたします。

最後に

急に下痢になってしまった場合には脱水症状(電解質異常)をきたす危険性が考えられます。

そのため、スポーツ飲料などで水分と電解質を補給することが大切になります。

また、下痢止めなどの薬はお身体の状態により服用の良し悪しが異なります。

脱水症状や体力の消耗が激しい場合には服用をお勧めしますが、本来下痢とは身体に有害な物を体外へ排出する生態防御反応の1つです。

感染症が原因の場合には下痢止め薬の使用で有害な物を腸内に留めてしまう恐れもがあります。

激しい腹痛、発熱、血便などをともなう下痢の場合には、感染性下痢の疑いも考えられるので医療機関を受診してください。

感染症や隠れた疾患の可能性を除外した後に、食生活など生活リズムの改善や鍼灸を試され、お身体の改善へと繋げていただけますと幸いです。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸治療は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当治療室では、鍼灸適応の判別やご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

各症状(疾患)に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ不眠症坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺むずむず脚症候群不安神経症
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎
消化器系 下痢便秘胃の痛み(胃炎)胃・十二指腸潰瘍痔疾(ぢ)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症動脈硬化
感覚器系 眼精疲労アトピー性皮膚炎突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症(アレルギー性鼻炎)めまい(眩暈・目眩)
呼吸器系 風邪症候群喘息(気管支喘息)
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気関節リウマチ(RA)
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱(OAB)
その他 全身倦怠感更年期障害

施術内容&料金

60分6,600円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16(マロン白金3A)

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら