鍼灸はダイエットに効果が期待できるのか?

鍼灸でダイエットは可能なのか?と疑問に思われている方へ。

結論から申し上げますと効果を期待する事ができます。
しかし、このツボに鍼をする事で劇的に!といったことはあまり期待できません。

鍼灸で血行(ホルモンバランス)や神経(迷走神経)のバランスが整うことで、代謝や満腹感の改善へと繋がります。

そのため、食生活の見直しなどに併せて鍼灸を取り入れる事で徐々に痩せていく(健康な状態に向かう)とお考えください。

今回はそんなダイエットと鍼灸について綴らせていただきます。

なぜ食欲が湧いて来るのか

私たちの食欲は、体内で分泌される「レプチン」と「グレリン」という2種類のホルモンが大きく関与しています。

この2種類のホルモンにより満腹感と空腹感の食事リズムが形成されます。
そのため、血行(ホルモンバランス)と神経(迷走神経)のバランスを整えて食事のリズムを正すことがとても大切になります。

レプチン

食欲を抑制するホルモンで、食後に多く分泌されます。

レプチンは脂肪細胞から分泌されて血液を介して脳(視床下部)の満腹中枢を刺激することで満腹感が生じます。

脂肪細胞の豊富な方ほど多く分泌される傾向があり、適正体重にするような調整が日々おこなわれております。

グレリン

食欲を増進するホルモンで、空腹時に多く分泌されます。

グレリンは胃から分泌されて迷走神経を介して脳(視床下部)の摂食中枢が刺激することで空腹感が生じます。

空腹感を抑えたい場合には、空腹時に低カロリーな物を食して数分間待ち、胃が膨らみとグレリンの分泌が下がるため効率的に食欲を抑えることができます。

睡眠不足は要注意

空腹時にグレリンが分泌され、ある程度の栄養を摂取してレプチンの分泌が増す、このバランスがとても大切になります。
しかし、睡眠不足や運動不足によりグレリンの分泌が増えてしまったり、運動に対する意欲低下を生じて運動不足になるといった負の連鎖を起こし易くなります。

主なダイエットの方法

多くのダイエット方法がありますが、「摂取カロリー<消費カロリー」にすることがダイエットの基本的な考え方になります。

しかしジョギングや水泳など運動で消費カロリーを向上させると食欲も増加してしまうため現実的ではありません。

そのため食事内容や食習慣の改善が重要になります。

摂取カロリーを抑える

摂取カロリーを抑えることで不足分のエネルギーは体内に蓄えておいた脂肪などを分解してエネルギーを作り出します。

摂取カロリーを抑えるための代表的な3つの方法を下記に記載させていただきました。
3例を上手く組み合わせる事が健康的なダイエットへ繋がると考えられます。

炭水化物の量を調整する

最もシンプルかつ有名な方法です。
プロボクサーなどアスリートの方が体重を調整する際にもおこなっております。

最近はレコーディングダイエットのような食事で摂取するカロリーを可視化し、計画的に徐々に落としていく方法を取る方が多くなっています。
しかし、断食のような炭水化物カットはお身体への負担が大きくなります。

また、長期間の低炭水化物ダイエットは身体に良くないといった報告もあげられておりますので注意が必要です。

食品を換える

  • 1食分をダイエットドリンクに変更する
  • パスタの代わりに春雨にする

と言った方法です。

栄養をしっかりと確保したうえでカロリーをコントロールされる事が最も理想的です。

サプリメント

必要な栄養分を補充する方法です。

ただし、サプリメントは不足分を補う為の物になりますので必要栄養分を全てサプリメントで補う方法はあまりお勧めできません。

鍼灸は食事リズムを整えるお手伝いができます

鍼灸で劇的な体重減少などは期待できませんが、お身体の調子を整えることで空腹感や満腹感の適切な食事リズム形成をおこなえます。

また、内臓の調子が整うことで老廃物の排泄も改善することから「ぽっこりお腹」や浮腫み改善なども効果に期待が持てます。

そのため、食生活の改善や運動に併用して取り入れていただく事をお勧めいたします。

ダイエットをしているのに一向に変化が無い場合

変化が現れないだけでなく「強い倦怠感」や「無気力感」をよく感じるといった場合には、下垂体や甲状腺といったホルモン分泌を司る器官の異常も考えられますので、1度病院やクリニックの受診をお勧めいたします。

下垂体や甲状腺の病気で代表的な物に下記2つの疾患がございます。

下垂体機能低下症

脳(下垂体)の腫瘍や外傷がきっかけで起こる病気です。

下垂体はホルモンの分泌量を調整しているため、ホルモンの量を減少させたりする原因となります。

この疾患の主な治療法は不足しているホルモンを合成ホルモンで補充する方法が取られます。

甲状腺機能低下症

甲状腺もまた、ホルモンの合成と分泌をおこなっております。

ホルモンの合成・分泌が上手くいかない場合や実際に分泌されたホルモンが受けて側(標的組織)の作用に異常があってホルモン作用が発揮されない場合があります。

この疾患の主な治療法は甲状腺ホルモンである合成ホルモンで補充する方法が取られます。

最後に

食生活の改善と併用して鍼灸を受ける事でお身体への負担を少なく健康的にダイエットを進める事が出来ます。

しかし、徹底的におこなっているのにも関わらず

  • 変化がみられない
  • 強い倦怠感や無気力感を伴う

といった場合には隠れた疾患の可能性も考えられるため、1度病院やクリニックの受診をお勧め致します。

ダイエットの理屈は分かるけれど中々続かない…という方には、毎日のお風呂上がりなど決まった時間に体重を測られる事をお勧めいたします。

毎日体重を確認する事でご自身の体調に意識が向き、体重が増えたら風邪を引きやすくなった!といったような体調の変化に気付き易くなります。
そのため、ダイエットへの意識が向上する事で行動へと繋がります。

ダイエット方法でお悩みの場合にはお試しいただけますと幸いです。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸治療は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当治療室では、鍼灸適応の判別やご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

各症状(疾患)に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ不眠症坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺むずむず脚症候群不安神経症
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎
消化器系 下痢便秘胃の痛み(胃炎)胃・十二指腸潰瘍痔疾(ぢ)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症動脈硬化
感覚器系 眼精疲労アトピー性皮膚炎突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症(アレルギー性鼻炎)めまい(眩暈・目眩)
呼吸器系 風邪症候群喘息(気管支喘息)
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気関節リウマチ(RA)
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱(OAB)
その他 全身倦怠感更年期障害

施術内容&料金

60分6,600円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16(マロン白金3A)

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら