ドケルバン症候群への対処と鍼灸治療の効果

スマートフォンの使い過ぎによる手首の痛みから「スマホ腱鞘炎」とも呼ばれるドケルバン症候群。

ドケルバン症候群は親指や手首の使い過ぎで起こるため、安静にして腕を休ませることが大切になります。

また、鍼灸により腱鞘炎を起こしやすい短母指伸筋や長母指外転筋の緊張緩和は早期回復につながるため、患部の熱感が無くなった際に鍼灸を受けられることもおすすめです。

今回はそんなドケルバン症候群について綴らせていただきました。

ドケルバン症候群とは

親指や手首の使い過ぎにより短母指伸筋腱(親指を伸ばす筋肉)や長母指外転筋腱(親指を広げる筋)の表面が傷き、腱を覆う腱鞘(腱を止めるバンド)が肥厚して通り道が狭くなっている状態です。

腱の通り道が狭くなることで親指や手首が使い辛くなり、腫れや痛みといった不快症状が酷くなる悪循環に陥ってしまいます。

そのため、ドケルバン症候群は「狭窄性腱鞘炎」とも呼ばれております。

腫れや炎症が生じているため手首の親指側に痛みを感じ、動かすと痛みが強くなる特徴があります。

痛み以外に「痺れ」や「力が入らない」場合には、重症化しているケースやリウマチや手根管症候群の可能性が考えられますので、早めに病院を受診してください。

原因

主な原因は「親指の使い過ぎ」と「ホルモンバランスの変化」です。

親指の使い過ぎ

最も多い原因が親指の使い過ぎです。

手先をよく使う職業の方やスポーツで痛めるケースが多く見受けられてきましたが、近年スマートホンの使い過ぎが原因のケースが増えてきました。

ホルモンバランスの変化

妊娠出産期や更年期の女性に多く生じる傾向があります。

妊娠出産期の妊娠維持や更年期に「プロゲステロン」というホルモンが通常より多く分泌されることで、腱鞘を収縮させて腱の滑り悪化へと繋がります。

また、出産後の乳児を持ち上げる動作による手首の酷使も腱鞘炎悪化の原因ともいわれています。

ドケルバン症候群の確認方法

フィンケルシュタインテストをおこないドケルバン症候群の疑いを確認します。

フィンケルシュタインテストはドケルバン症候群をはじめとした腱鞘炎の確認時におこないますが、関節リウマチなど他の疾患が原因で痛みが現れる場合もあるため、

  • リウマチなど持病をお持ちの方
  • 正確に確認できているか不安な方

は病院での診察をおすすめいたします。

フィンケルシュタインテスト

親指を包み込むように他の4指で親指を握り込み、握り込んだ状態で手首を小指側に曲げていきます。

この動作をおこなった際に手首(親指側)に痛みが強くなるようであれば、ドケルバン症候群の可能性が考えられます。

治療方法

症状や痛みの強さにより対応が異なります。

外科的療法手術

  • 力が入らない
  • 再発を繰り返している

といった場合には腱を解放する手術が必要となることがあります。

最も状態が芳しくない場合に外科的療法となります。

ステロイド薬の使用

  • 腫れや痛みが強い
  • 日常の生活に支障が出る
  • 湿布や消炎鎮痛剤の投与しても改善がない

手術をするほどではないが痛みが強く日常生活に支障が現れる場合に、ステロイド薬が使用されます。

保存的治療

メインの治療方法です。

最も大切なことが親指(手首)をあまり動かさずに休ませる「安静」です。

患部を触って熱感がある場合にはアイシングや湿布を、熱感を感じなくなった際にもサポーターの使用や腕全体で動作をおこなうことで手首の使用頻度を減らす工夫が効果的です。

軽症の場合には数日から1.2ヶ月で症状改善が期待できます。

また、鍼灸治療を保存的治療と併用されることでスムーズな回復を期待する事ができます。

保存的治療に鍼灸併用がおすすめ

腱鞘炎は鍼灸適応疾患になります。

鍼灸治療をおこなうことで、

  • 短母指伸筋や長母指外転筋の緊張緩和
  • 知覚神経の興奮抑制
  • 手関節や前腕の血流循環改善
  • が期待でき、早期回復の一助になります。

    ドケルバン症候群が疑われる場合には

    ドケルバン症候群は使い過ぎにより痛めてしまうケースが殆どです。

    痛みの他に、痺れや力が入らない場合には手根管症候群やリウマチが原因のケースも考えられますので病院を受診してください。

    手首の負担を軽減する動作やサポーターを使用して、手首の負担を軽減することが早期回復に繋がります。

    また、保存的療法(安静)に鍼灸治療を取り入れることでよりスムーズな回復を期待することができるためおすすめです。

    この記事の著者

    中島 裕(Nakajima Yutaka)
    中島 裕(Nakajima Yutaka)
    『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

    鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

    当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

    当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

    神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
    運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
    消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾
    循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症動脈硬化
    感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい
    呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
    婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
    代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
    泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
    その他 全身倦怠感脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチアトピー性皮膚炎

    施術料金

    鍼灸:7,000円〜(税込)
    詳細は以下ページをご参照ください。

    施術内容&料金はこちら

    アクセス

    東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

    東京メトロ
    白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
    白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
    都営バス
    渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
    渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

    営業時間&アクセスはこちら