低血圧への対処と鍼灸治療の効果

身体が重だるい、疲れやすい等の症状が続き、普段から血圧の低い方は「低血圧」の可能性が考えられます。

低血圧は生活習慣を改善して血圧を一定にすることで、諸症状の安定や改善が期待できます。

また、生活習慣の改善に鍼灸治療を併せることで自律神経や胃腸の調子が整い、体調がスムーズに改善します。

今回はそんな「低血圧」について綴らせていただきます。

低血圧とは

血圧が低下する事で各臓器(部位)へ送られる血液量が減少し、眩暈や倦怠感、胸部圧迫感や失神発作、などの様々な機能障害が現れる状態をいいます。

しかし高血圧症に比べて病的状態へ直結し辛いため、基準値もあまり重要視されていない傾向があり、医師によって意見が異なる場合もあります。

現在、WHO(世界保健機構)の基準では、
収縮期血圧100(mmHg)/拡張期血圧60(mmHg)以下が「低血圧」と判断されています。

そもそも血圧とは

血圧とは、心臓から送り出された血液が動脈(血管の壁)内側を押す力の事をいいます。

心臓は血液を送り出すポンプの働きをしており、

  • 心臓が収縮した時の血圧を「最高血圧または収縮期血圧」
  • 心臓が弛緩(膨らんだ)時の血圧を「最低血圧または拡張期血圧」

と呼びます。

低血圧の種類

血圧低下の原因により、

  • 疾患を伴わない慢性的に血圧の低い「本態性低血圧症」
  • 原因の明らかな「症候性低血圧症」

の大きく2つに別れます。

本態性低血圧

低血圧の大半を占め、体質的な場合が多いとされています。

眩暈や倦怠感など症状はあるが検査をしても原因がはっきりしない場合や、血圧が100(mmHg)/60(mmHg)以下の場合に診断されるケースが多いようです。

症候性低血圧症

  • 怪我による大出血や心臓病をはじめとした、血液循環に影響をもたらす疾患が原因
  • 「起立性低血圧」や「食後低血圧」のような日常生活動作で生じる場合

があり、特に起立性低血圧や食後低血圧は誰にでも起こり得るため注意が必要です。

起立性低血圧

急に立ち上がったり、身体を動かすことでに血圧が下がるために起こります。

長時間座った状態は下半身に血液が溜まり上半身の血圧が低い状態になります。

上半身に血液があまりない状態で急に立ち上がる動作をおこなうと、一過性に脳への血液が不足して貧血症状を呈します。

起立性低血圧は高血圧の方にも起こる可能性があるため、注意が必要です。

下半身に血液が溜まっていることが原因になるため、動作をゆっくりおこなう、立ち上がる前にふくらはぎを数回揉むといったことが予防になります。

食後低血圧

食べ物を消化するために胃へ血液が大量に送られるため、他の臓器(部位)への血液供給量が低下する事で起こります。

高齢者や寝たきりの方に多くみられ、食後すぐにボーッとしてしまう場合には食後低血圧の可能性が考えられます。

食前に白湯をコップ1杯飲むことで食事の際に胃への血液供給を緩和にする、1回の食事量を少なくして回数を増やす、といった調整が有効です。

低血圧への対処法

低血圧の治療は、

  • メトリジンやエチホールなどの昇圧剤を使用する場合
  • 生活習慣に気をつけて改善していく場合

の2つになります。

お身体の状態によっては昇圧剤の服用が好ましい場合もありますので、定期的に血圧を測定して基準値100(mmHg)/60(mmHg)を下回る際には、まずは病院の受診をご検討ください。

生活習慣での改善点

低血圧への改善に最も大切なことは食事や水分をしっかりと摂り、体内の水分量を確保することで血圧を上昇させることです。

夏場でナトリウム(塩分)が不足しやすい状況であれば梅干しを食ベて水分を摂るなど、体内の浸透圧を一定に保つことがとても大切です。

「この症状にはこの食材」といった食べ方はバランスを崩しやすいため、3食バランス良く食べることが重要になります。

また、カフェインには交感神経を刺激して血圧を上昇させる作用があるため、食後にコーヒーやお茶などのカフェイン摂取も効果的です。(夜間の摂取にはご注意下さい)

他にも、血圧安定に適度な運動や鍼灸治療がおすすめです。

血圧の安定に鍼灸治療

鍼灸治療は、お身体を正常な状態へ整えるお手伝いをさせていただく治療法です。

鍼灸には血圧を整える働きがあり、

  • 低血圧の方に鍼灸治療を行うことで血圧が上昇する
  • 関節痛を主訴とした方の治療で血圧の正常化が見られた

といった結果報告が得られております。

また、鍼灸には手足(四肢末端)の循環改善や自律神経機能を回復する効果があります。

鍼刺激は、皮膚から脳(視床下部)へ影響を与えてホルモン分泌のバランスを整える作用や「気持ちいい」という刺激により脳内βエンドルフィンという神経ペプチド「脳内麻薬物質」分泌を活性化させ筋緊張の解消やリラクゼーション効果も期待できます。

自律神経やホルモンバランスが整うことは、血圧(血液循環)の安定にもつながるため、低血圧や生活習慣の改善に鍼灸治療の併用はとても相性が良くおすすめです。

眩暈や立ちくらみを頻繁に感じたら

血圧が100(mmHg)/60(mmHg)を下回ることが増えるようであれば病院の受診をご検討ください。

高血圧と異なり病的状態へ直結し辛い低血圧は、生活習慣を改善することで良くなるケースが多くあります。

なかでも、食生活や運動習慣を改善して血圧を安定させることはとても大切になります。

また、血圧や体調維持に鍼灸治療も効果的なため、生活習慣改善の一助として取り入れられることをおすすめいたします。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 全身倦怠感脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチアトピー性皮膚炎

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら