糖尿病への対処と鍼灸治療の効果

鍼灸は末梢循環を改善することで神経や筋肉内の血流を改善し、痺れなどの自覚症状(末梢神経障害)の改善に有効です。
また、インスリンの分泌増加や血液検査数値(HbA1c)の改善も報告されています。

糖尿病の初期から鍼灸治療を取り入れることで治療効果も高くなる傾向がありますので、早期のご検討をお勧め致します。

今回はそんな糖尿病に関して綴らせていただきます。

糖尿病とは

膵臓で作られるインスリン(血糖値を下げるホルモン)の作り方や使い方に問題が起こり、血糖値が高くなってしまう病気です。

血糖値が高い値を維持してしまうことで「疲れやすい」などの症状の他、

  • 網膜症
  • 腎症
  • 神経障害

といわれる三大合併症を伴う恐れがあります。

糖尿病の原因

糖尿病は大きく

  • 1型
  • 2型
  • その他の糖尿病

の3つに分けられ原因も異なります。

1型糖尿病

1型糖尿病(インスリン依存型)はインスリンを作る過程で障害が生じると考えられております。

  • 原因不明(特発性)
  • 自己免疫疾患やウイルス感染することで膵臓内のインスリンを作るB細胞が壊されてしまう(自己免疫性)

の2つのケースがあり、完全な予防方法がまだ確立されていません。

1型糖尿病の場合にはインスリンの自己注射が必要になります。

2型糖尿病

2型糖尿病(インスリン非依存型)は生活習慣病の1つにも挙げられ、日本の糖尿病患者9割以上の方が2型糖尿病ともいわれております。
原因としては「遺伝的な要因」に加えて、

  • 暴飲暴食
  • 運動不足
  • ストレス

などの生活習慣により、インスリンの分泌不全や阻害物質が体内に溜まることが原因となります。

2型糖尿病の場合にはインスリンの自己注射が十分に作用しない傾向があります。
そのため、2型糖尿病の場合には健康的な生活習慣を意識して日常生活を送ることで悪化を防ぐことが重要になります。

その他の糖尿病

糖尿病以外の病気や治療薬の影響で血糖値が上昇しててしまう場合や妊娠糖尿病が挙げられます。

妊娠糖尿病

妊娠に伴う血糖値の上昇を指します。
胎盤からのホルモンの影響によりインスリンの効きが低下することで食後の血糖値が上昇しやすい状態になります。
出産後には正常な血糖値に戻るケースが多いとされていますが、妊娠糖尿病を経験された方は将来的に糖尿病になりやすいともいわれているため注意が必要です。

糖尿病の症状

糖尿病は自覚症状に気づかないまま進行しているケースが多いのが特徴的です。

血糖値が高い状態が続くことで現れる代表的な症状として、

  • 口渇(多飲)
  • 頻尿
  • 体重減少
  • 易疲労感

が挙げられます。

糖尿病が進行すると三大合併症として網膜症、腎症、神経障害へと進行してしまう恐れがあります。

網膜症

眼の奥(網膜)の血管が破れることで視力低下や失明を引き起こします。

腎症

尿を濾過する腎臓内の血管が破れることで腎臓の機能低下による腎不全などを引き起こします。

神経障害

痛みを伝える神経や触れた(触れられた)ことを感じる神経が壊れることで、手足の感覚低下やチクチクした痛みを感じるようになります。

検査や治療法(予防法)

主な検査

血液検査で血糖値(HbA1c))を調べ、1〜2ヵ月間の平均的な血液中のブドウ糖の量を検査します。

検査は2度行い、下記所見のいずれかが2回とも確認されると糖尿病となります。

  • 血糖値(随時)200mg/dL以上
  • HbA1cの値が6.5%以上
  • 早朝空腹時の血糖値126mg/dL以上
  • 経口ブドウ糖負荷試験(75グラムのブドウ糖水を飲んだ2時間後に血糖値を測定)の血糖値が200mg/dL以上

治療法

治療法は糖尿病の型により異なります。

1型糖尿病

インスリンの量が不足しているため、インスリン注射により補います。

2型糖尿病

  • バランスの取れた食事(3食ともバランスを考えて食事されることが重要になります。)
  • 適度な運動(筋力強化や肥満解消、動脈硬化予防など様々な効果が期待できます。)
  • 休息やストレスの解消

などの生活習慣改善に取り組み、上記の検査数値を超えないように血糖値をコントロールすることが大切になります。

また、症状や病状によっては血糖降下剤やインスリン注射などによる薬物療法を併用(切り替え)を行います。

最後に

鍼灸は、

  • インスリン分泌の増加
  • HBa1cの改善

の他、末梢循環を改善することで神経や筋肉内の血流改善され、手足の痺れなどの自覚症状改善に有効です。

末梢の感覚を担っている末梢神経は痛みを伝える痛覚神経が細いため先に障害を受け易い傾向があり、進行することで触圧覚など中等度径の神経障害へと進行していく傾向があります。

痛覚過敏期で効果がより高くみられる結果が多く挙げられるため、鍼灸治療をご検討の際には早めに取り入れられることをお勧め致します。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し日々治療に取り組んでおります。

鍼灸治療は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当治療室では、鍼灸適応の判別やご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

その他の症状に関しての記事はこちら

神経系 肋間神経痛腕や足の痺れ不眠症坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺むずむず脚症候群
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘
消化器系 下痢便秘胃の痛み(胃炎)胃・十二指腸潰瘍痔疾(ぢ)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症
感覚器系 眼精疲労アトピー突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎
呼吸器系 風邪症候群喘息(気管支喘息)
婦人科系 不妊症逆子月経痛更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風
その他 ストレッチダイエット全身倦怠感美容鍼

施術内容&料金

60分6,600円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16(マロン白金3A)

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら