鍼治療でなぜ内出血するのか?

副作用が少なく、安心安全といわれる鍼灸治療

しかし、お身体に鍼を用いているため絶対に内出血を伴わないとは断言できません。

今回は内出血や腫れについて綴らせていただきました。

内出血が起こる理由

鍼をした際に古い血管が損傷することで内出血が起こり、青あざが出来てしまうことがあります。

鍼灸で使用する鍼は釘のような先端で、組織の損傷を最小限にして進みやすい形状をしております。

加えて血管には弾性があり鍼をゆっくりと刺し進めることで血管が避けてくれるため、通常であれば血管を損傷する可能性はとても低いです。

しかし血行の悪いところでは、

  • 血管が硬く、古くなることで弾性力が低下している
  • 周辺の組織も循環不良により硬くなっている

などの理由から、血管が避けるスペースも確保しづらく、血管に鍼が当たって内出血してしまいます。

血管が破れて血液が皮下組織に漏れ出ることで内出血が起こるため、血行が悪い場所ほど内出血のリスクは上がります。

この血管から漏れ出た血液が多ければ組織内圧が上がるため、少し膨隆して腫れるケースもあります。

また、動脈側を損傷した場合には直ぐに出血を確認できますが、静脈側を損傷した場合には数時間経過した後に内出血に気づくケースもあります。

内出血を起こさない方法はあるか?

血管は身体中に張り巡らされているため、完全に避けることは出来ません。

血行の悪い場所、血管が密な箇所を避けることである程度は防ぐことは可能ですが、凝っているところや気になる症状の箇所ほど血行が悪い傾向があるため、症状の強さに比例して内出血のリスクは上がってしまいます。

そのため夏場は肌の露出する箇所は控えてもらうなど、施術前に施術者と意思疎通を図ることが大切になります。

また、血管にも「痛覚」という痛みを感知するセンサーがあるため、チクッと感じた場合には鍼をする箇所を変えたり、早めに抜いてもらうといったことも効果的です。

内出血は悪いことか?

古くなった血管が損傷することで血管が新しく作り替えられ、古い血管周囲の組織内循環も改善するため悪いものではありません。

内出血してしまったら

まずは指で軽く圧迫してから、氷などで冷やします。

患部を冷やすことで血管を収縮させて、漏れ出る血液の量を減らす効果があります。

揉んだりするとかえって内出血が広がってしまうのでご注意ください。

完全に出血が止まったことを確認し、患部に熱感がないようであれば今度は濡れタオルなどで温めます。

止血後に温めることで周囲の血管が拡張し、漏れ出た血液をスムーズに回収できる環境になることで早期回復につながります。

多くの場合、少しずつ色が薄くなり数日〜2週間程度で綺麗に戻ります。

この記事の著者

中島 裕(Nakajima Yutaka)
中島 裕(Nakajima Yutaka)
『白金のかかりつけ鍼灸院』を目指し、日々鍼灸臨床に励んでおります。

鍼灸は様々な症状の改善へ効果が期待できる一方、効果の期待出来ないものや病院での治療を優先した方が良いケースもございます。

当室では鍼灸適応を判別し、ご利用者様に最善の治療方法をご提案させていただきます。

当室で施術対象の症状・疾患に関する記事

神経系 肋間神経痛手足の痺れ坐骨神経痛頭痛自律神経失調症顔面神経麻痺
運動器系 肩凝り四十肩腰痛股関節痛膝痛腓骨筋腱炎足底腱膜炎ドケルバン症候群ゴルフ肘上腕二頭筋長頭腱炎骨折、打撲、捻挫脳卒中後遺症寝違えテニス肘後脛骨筋腱炎シンスプリント
消化器系 下痢便秘胃炎胃十二指腸潰瘍痔疾過敏性腸症候群(IBS)
循環器系 冷え性高血圧低血圧心臓神経症閉塞性動脈硬化症
感覚器系 眼精疲労突発性難聴耳鳴りメニエール病ものもらい結膜炎花粉症めまい眼瞼痙攣
呼吸器系 風邪症候群気管支喘息
婦人科系 不妊症逆子月経痛乳腺炎女性更年期障害
代謝内分泌系 糖尿病痛風脚気
泌尿生殖器系 前立腺肥大症膀胱炎陰萎(ED)過活動膀胱男性更年期障害
その他 慢性疲労症候群(CFS)脱毛症不眠症むずむず脚症候群不安神経症関節リウマチ(RA)アトピー性皮膚炎うつ病不定愁訴

施術料金

鍼灸:7,000円〜(税込)
詳細は以下ページをご参照ください。

施術内容&料金はこちら

アクセス

東京都港区白金3-9-16 マロン白金3A

東京メトロ
白金高輪駅(4番出口)より 徒歩6分
白金台駅(2番出口)より 徒歩9分
都営バス
渋谷-新橋(赤羽橋)「四の橋」より徒歩3分
渋谷-田町「三光坂下」より徒歩3分

営業時間&アクセスはこちら